住宅に関するお得情報を手に入れよう│得々住宅サポーター

住宅だけじゃない

周辺環境を調べることだけに注力しない

不動産と聞くと、住宅を思い浮かべる人が多いですが、不動産は住宅だけではありません。土地も不動産に入ります。住宅と言うのは、土地の上に建てられているわけですから、不動産の中で一番重要なのは土地と言っていいでしょう。重要なわけですから、住宅を建てるときには良い土地を手に入れたいものです。家を建てようとする人は、真剣に土地を探すでしょうが、注意しておきたいことがあります。予算の範囲内の土地を見つけたら、周辺環境を調べることに注力する人が多いです。利便性が良ければその土地を買うでしょうが、それだけでは判断が早いと言わざるを得ません。地盤を調べるのも重要で、どれだけ利便性が良くても軟弱な地盤で意味がありません。

希望をしっかり伝えることが基本

土地を探すときに、まずは不動産屋に行くと言う人もたくさんいます。何も言わなくても良い土地を探してきてくれるだろうと思っている人もいますが、希望はしっかり伝えましょう。いくら不動産屋がプロと言っても、客の希望が分からなければ探しようがありません。希望を伝えるときは、価格と立地を伝えることはもちろんですが、広さについても伝えておきましょう。夫婦二人で住むのと、家族6人で住むのとでは必要な広さが変わってきます。また、契約を急がせる業者がいけないと言うのは多くの人が知っているでしょう。しかし、手付け金を急いで払わせようとする業者も存在します。そう言う業者とは契約せずに、面倒でも違う業者に変更しましょう。